たんす薬剤師の管理薬剤師の求人

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師でも安心の条件別求人 >> 管理薬剤師

たんす薬剤師の管理薬剤師の求人

薬剤師としてキャリアを積み重ねていると、薬剤部長や薬科長、管理薬剤師に昇格することも考えられます。これらに昇進すると、現場監督として医薬品の在庫管理に責任を持ち、薬剤師を指導するとともに一人一人とコミュニケーションを取って働きやすい環境を整えるということが仕事に含まれてきます。

といっても、公的な医療機関であれば役職に付く際に昇進試験に合格する必要がありますが、そうでなければ特別な資格が必要なわけではありません。ただし、管理薬剤師の場合は3年以上の実務経験が必要です。管理薬剤師になるには、社内で昇進するという方法の他、管理薬剤師の求人に応募するという方法があります。つまり、ブランクがあるたんす薬剤師であっても、理論上は3年以上の実務経験があれば転職する際に管理薬剤師の求人に応募することは可能となります。

調剤薬局やドラッグストア、製薬メーカーのいずれも、最低で管理薬剤師を1人おくことが法律で義務付けられており、薬剤師は管理薬剤師の指導のもとで働くことになります。製薬メーカーであれば複数の管理薬剤師がいるところもありますが、調剤薬局やドラッグストアでほとんどのところは管理薬剤師が1人だけだといって良いでしょう。そのため、管理薬剤師の求人は職場で1人のみという狭き門となります。一方、病院では管理薬剤師をおくことは義務とされていません。中には管理薬剤師をおいているところもありますが、管理薬剤師に代わって薬剤部長や薬科長といった役職の人が薬剤師の管理・指導を行っているところもたくさんあります。

前述のように、たんす薬剤師であっても3年以上の実務経験があれば、管理薬剤師の求人に応募することは可能ですが、ブランクがあるため実際にはそれほど簡単なことではありません。しかし、管理薬剤師を目指すなら、ブランクという不利な条件をカバーするのに、JPALS(日本薬剤師会 生涯学習支援システム)などを利用するのは一つの方法です。JPALSでは生涯にわたって薬剤師としての技能を高められるシステムが構築されており、クリニカルラダー(CL)でその進捗状況を把握することができます。クリニカルラダーは6レベルあり、5レベルであれば管理薬剤師程度の技能があると判定されて日本薬剤師会から認定証を発行してもらえます。ブランク中もJPALSで学習を進めていれば、早期にレベル5を達成して管理薬剤師への道が開けてくることでしょう。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.