たんす薬剤師の転勤なし求人

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師でも安心の条件別求人 >> 転勤なし

たんす薬剤師の転勤なし求人

たんす薬剤師の中には、すでに家庭を持っていて自分の仕事で転勤するのは嫌だと考える人が大勢います。配偶者の転勤によって引越しをすることは仕方ないと思っていても、自分の仕事で転勤しなければいけないなら、たんす薬剤師のままでいたほうが良いと考える女性薬剤師はとても多いのです。薬剤師のお仕事は、すべてのお仕事が転勤を伴うわけではありませんから、うまく仕事を選べば転勤なし求人を見つけることは難しくありません。

まず、どのような職場に転勤があるのかを理解しましょう。ドラッグストアの中でもチェーン系の店舗では、一定エリアの中で薬剤師の転勤が発生する場合がありますが、基本的には正社員が対象となりますから、パートとして働いている人なら転勤なしではたらき続けることができます。調剤薬局でも同じで、エリア内での転勤はつきものですが、雇用形態がパートや人材派遣の場合には、転勤の対象にはなりません。転勤なしで働きたいたんす薬剤師なら、調剤薬局やドラッグストアの求人を探す際にはパートや人材派遣という雇用形態を選ぶのも良いでしょう。

製薬会社や治験施設などの企業で働きたいたんす薬剤師の場合には、どんな仕事に携わるかによって転勤の可能性は大きく変わってきます。多くの場合、入社する時には自分に将来どんな転勤の可能性があるのかは分からないことが多いのですが、任される仕事内容によっては、別の支社および研究機関への転勤や出向などを通知される可能性はゼロではありません。たんす薬剤師の場合、どこに転勤する可能性があるのかは、企業の公式ホームページを見れば、どこに支社があるのかを知ることができますから、転勤する場合にはどこに行くことになるのかという点を含めて求人募集を比較することができますね。

また、薬剤師の絶対数が少ない上に離職率がとても低い職場ですが、転勤しない職場があります。それは、自治体などの公的機関で働くお仕事です。国家公務員および地方公務員、どちらでも薬剤師が働いているので、たんす薬剤師でも地方公務員の試験もしくは国家公務員の試験に合格すれば公的機関で薬剤師の資格を生かして働くことはできますし、転勤の心配がありません。ただし、こうした公的なお仕事は、試験を受験する際に年齢的な制限が設けられている場合が多いので、たんす薬剤師が誰でも受験できるというわけではありません。若いたんす薬剤師なら、受験の準備をして定期的に開催される試験を受けてみるのも、復職の選択肢の一つとなります。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.