たんす薬剤師のシフト制求人

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師でも安心の条件別求人 >> シフト制

たんす薬剤師のシフト制求人

薬剤師の中には、シフト制の勤務時間で働いている人が大勢います。シフト制勤務になる職場というのは、営業時間が通常のオフィス業務よりも長くなるドラッグストアとか調剤薬局などが多くなっています。製薬会社のような企業においては、社員の勤務時間は平日の昼間のみとなっていますし、遅くまで営業しているというわけではありませんので、治験施設で働くという場合を除いては、シフト制の勤務時間になることはありません。

調剤薬局でも、すべてがシフト制の勤務時間になるというわけではありません。どの職場がシフト制になるのかは、その調剤薬局の営業時間をみれば分かります。病院の外来診察の時間と同じような、朝8時から夕方5時までぐらいの営業時間なら、薬剤師がシフト勤務になる可能性は低いと言えるでしょう。しかし、夜間遅くまで営業している場合には、一人の薬剤師が開店から閉店までずっと勤務することは難しいため、シフト勤務となり早番と遅番で働くことになるようです。

ドラッグストアへ復職するたんす薬剤師の場合には、かなり高い確率でシフト勤務になることはあらかじめ理解しておきましょう。ドラッグストアによっては、店の営業時間に関係なく、薬剤師の勤務時間は平日の昼間のみ、と限定されている所もありますが、多くの場合には店の営業時間と合わせてシフト勤務になっていたりします。また、土日も営業していれば薬剤師がシフト制で勤務する可能性は高いですから、そうした点も含めて採用される前に勤務時間に関してはしっかり質問しておきたいものです。

たんす薬剤師がシフト制のお仕事をする際に気を付ける点ですが、シフト制になると勤務時間が毎日変わってしまう可能性があります。その場合には、子供の保育をどうするのか、パートナーと協力しながら働けるシフト勤務なのかどうか、という点をよく考えなければいけません。勤務時間は短くても、子どもをどこにも預けられない環境では、育児と仕事の両立は難しくなってしまいます。また、小さな子供はちょっとしたことで熱を出してしまったり、体調を崩してしまうことが多いものです。パートナーと協力しながら働いた場合でも、そうした万が一の時には誰がどのように子供をケアするのか、その辺もしっかりと考慮した上でたんす薬剤師を卒業したいものです。仕事を始めてから「こんなはずじゃなかった」というのでは、再びたんす薬剤師へ逆戻りしてしまう原因になってしまうので、事前にしっかりシミュレーションを立てておきましょう。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.