たんす薬剤師の扶養範囲内求人

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師でも安心の条件別求人 >> 扶養範囲内

たんす薬剤師の扶養範囲内求人

たんす薬剤師の中には、仕事を続けるかどうかわからないから、まずは扶養範囲内で働きたいという人がたくさんいます。扶養範囲で働くためには、年間の収入を一定レベルよりも低く抑えることが必要になり、住民税、所得税、および社会保険とでは扶養範囲となる年収のラインが微妙に異なります。まず、住民税で扶養範囲内にするためには、通勤手当を含めない年収が100万円以下であることが必要となり、所得税を扶養範囲内に抑えるためには通勤手当を除く年収が103万円以下でなければいけません。また、健康保険を扶養範囲内に抑えたい場合には、通勤手当や失業給付金などを全て含む年収が130万以下でなければいけません。このラインは年収なので、月額のお給料ごとに一定のラインが定められているわけではありません。しかし、薬剤師の場合には、一般事務などのお仕事と比べると資格が必要になるために時給が高めに設定されているお仕事が多く、気を付けていないとあっという間に扶養範囲を超えてしまうことが考えられるので注意しましょう。

復職を考えているたんす薬剤師の中でも、扶養範囲内で働きたいと考える人は、子どもがまだ小さくて育児との両立を優先したいと希望していたり、扶養範囲内で働いたほうが世帯主が支払う税金を安く抑えることができたり、また扶養範囲を超えて別の社会保険に加入するとコスト面で不利になってしまう場合などがあります。

たんす薬剤師が扶養範囲内で働く場合には、仕事の探し方は勤務時間や勤務日数が少ないパートにしたり、短期間の派遣という働き方を考えることになります。正社員ではあっという間に扶養範囲を超えてしまいますし、パートでも勤務時間が長かったり勤務日数が多いものだと、扶養範囲を超える可能性が高くなるので気を付けましょう。人材派遣で働く方法ですが、派遣のお仕事は最初に勤務期間が決まっているので、仕事を始める前に大体の年収を計算することができます。扶養範囲内に収めたい人の場合には、しっかりと前もって計算し、扶養の範囲を超えないことを確認した上で派遣のお仕事を引き受けるようにしましょう。途中で「扶養範囲を超えそうなので、もう働けません」というのでは、信用にかかわるので絶対に避けなければいけません。

また、扶養範囲内で働く場合でも、子どもが小さい場合には保育費用が掛かることも考えなければいけません。両親に見てもらうのか、どんな保育園を利用するのか、そうした点をよく考えると同時に、保育にかかる費用は年収から差し引いて申告することはできない点も、あらかじめ理解しておきましょう。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.