たんす薬剤師の勉強会・研修制度ありの求人

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師でも安心の条件別求人 >> 勉強会・研修制度あり

たんす薬剤師の勉強会・研修制度ありの求人

たんす薬剤師とは、せっかく取った薬剤師の資格を使わず、たんすに入れたまましまい込んでいる人のことをいいます。女性の場合、どうしても結婚や出産、子育てをする間にキャリアが中断されてしまうのはある程度致し方ないことだといえるでしょう。しかし、復帰する際にはそんな女性の事情を理解してくれる会社であれば、強力にバックアップしてもらえることが期待できます。

しばらく現場を離れていると、どんな職業でも復帰するのには少なからず勇気が要るものです。それが薬剤師となると、職場である医療業界が刻々と変化していくものであることから、より一層不安になってしまうものです。そろそろ復職しようと考えているなら、たんす薬剤師をサポートしてくれる勉強会や研修制度のある求人を探してみましょう。特に薬剤師という職業は、働き続けている人でさえ常に勉強が必須といわれており、教育研修に力を入れているところは非常に多くあります。薬局内勉強会や薬剤師会勉強会など、内外のさまざまな勉強会に参加することが奨励、若しくは必須となっているのが実情です。

より充実した研修内容となると、やはり大手の調剤薬局といった求人の方が有利となりますが、もしも制度自体がない場合も、日本薬剤師会による教育システムを利用することができます。この教育システムはJPALS(日本薬剤師会 生涯学習支援システム)と呼ばれるもので、インターネットを利用して個人が手軽に学習できるようになっています。復職した後も、生涯にわたって効率的に勉強できるようなカリキュラムが組まれていることが特徴で、非常に多くの薬剤師が登録しているといわれています。JPALSを利用すれば、薬学的な知識や技術はもちろんのこと、薬剤師としての適切なマナーなど幅広い学習を効率よく学ぶことができるでしょう。無事に復帰を果たした後には、認定薬剤師を目指してJPALSでさらなる勉強に励むことも可能です。薬剤師は、生涯にわたって学習し続けることが必要なのです。

また、復職の際には、それをサポートする体制の整った職場を選ぶことも大切ですが、眼科や皮膚科といったクリニックの門前薬局を選ぶのもおすすめです。このようなところは扱う医薬品の種類がそれほど多くないので、復帰するには最適といえます。一方、たくさんの診療科の処方箋が舞い込んでくるような総合病院の門前薬局はハードルが高くなります。知識もスキルもそれ相応のものが求められる上、多忙で体力的な負担も大きくなるからです。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.