たんす薬剤師の復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師の復帰

たんす薬剤師の復帰

たんす薬剤師は、嫁入り道具の一つとして薬剤師の資格を取得したけれど、免許証をタンスに入れたまま活用していない薬剤師のことを言います。免許証をどこに入れているかは問題ではありませんし、資格を取得した際の目的なども問われることはなく、薬剤師の資格を生かして働いていないという点では、ブランク薬剤師とたんす薬剤師は同じカテゴリーに属していると言えるでしょう。また、キャリアを目指して働いてきた薬剤師でも、出産や育児との両立が難しくて数年間ブランク期間を取っている人もたくさんいますし、その後で復職を考えている人も少なくありません。そう考えると、薬剤師にとっては、数年間のブランク期間を取ることはそれほど珍しいことではなく、資格は一度取得すれば一生有効ですから、復帰したいと考えれば比較的復帰しやすいお仕事と言えるでしょう。

たんす薬剤師が復帰する際にポイントとなるのは、これまでどのような職場でどのような経験をしてきたかという点です。薬剤師の求人募集の中には未経験者歓迎とかブランク薬剤師可などと明記されているものがたくさんありますし、たんす薬剤師にとってはこうしたお仕事を狙ったほうが採用されるチャンスは高くなります。条件が良かったり待遇が良いお仕事でも、ほかに求職者が少なければゲットできる可能性はありますが、高待遇のお仕事は、現在バリバリ働いている薬剤師たちがステップアップやキャリアアップのために応募してくることが多いですし、即戦力となる専門知識やスキル、経験を持っている人を求めていることが多いため、しばらく薬剤師として仕事をしていないたんす薬剤師にとっては、ハードルが高いかもしれませんね。

また、たんす薬剤師は雇用形態でもできるだけ採用されやすい所を狙うことも大切です。例えば、ボーナスなどが支給されて福利厚生も抜群な正社員のお仕事は、多くの薬剤師が応募するので、採用されるのは狭き門となってしまいます。しかし、勤務時間や勤務日数が限られているパートやアルバイトなどの雇用形態や、最初に勤務期間が決まっている派遣という働き方なら、求職者の数は少なくなりますから、比較的採用に結び付きやすくなるのではないでしょうか。復帰する際の雇用形態に満足できなくても、そこで経験や知識、スキルを身につけたうえで転職することもできますから、まずは採用されやすいお仕事からスタートするというのが、たんす薬剤師にオススメの復帰方法と言えます。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.