たんす薬剤師の不安解消

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師の不安解消

たんす薬剤師の不安解消

たんす薬剤師も、ブランクが相当長くなってしまうと復帰にはかなりの不安感を覚えるものです。しかし、仕事をするからには必ず責任が伴うので、不安に思っていることはブランク中にしっかり解消させておくようにしましょう。結婚や子育てなどを経ても職場復帰しやすいのが薬剤師の魅力であり、多くの女性がさまざまな局面を経験しながら働き続けています。特に地方などではいまだに薬剤師不足が続いているので、企業側もたんす薬剤師たちの不安を解消させるべくさまざまな対策を取っています。

日進月歩といわれる医療現場では、働き続けている間でも勉強が怠れないほど、日々多くのことが変化しています。診療報酬は、おおむね2年に1度改定 され、薬事法も毎年のように新しいものが設立されているのが現状です。復帰に当たって、まずは現行の保険制度、調剤報酬、薬価の改定内容、新薬について知ることが重要なポイントとなってくるでしょう。その点、薬剤師にはさまざまな勉強方法が用意されており、復職をサポートするプログラムも大変多くの企業から提供されています。

その中でもおすすめなのは、JPALS(日本薬剤師会 生涯学習支援システム)です。JPALSは平成24年にスタートした薬剤師のための生涯学習支援システムで、e-ラーニングシステムと、ポートフォリオシステムと呼ばれる学習記録システムの2つで構成されています。復職サポートだけではなく、薬剤師として長期間勤務する間ずっと学習記録を残すことで、生涯にわたり学習できるようなシステムとなっています。

ポートフォリオとは直訳すれば「紙バサミ」といった意味があり、もともと画家や写真家の作品集のような意味合いがありました。学習してきたことをどんどん紙バサミに入れていき、薬剤師として生涯かけて作る作品のようなものと思えば良いでしょう。JPALSのe-ラーニングや他の団体が主催するさまざまな研修会に参加し、そこで学んだものをポートフォリオに記録していくことで、達成度や不足している部分を明確に認識することが可能となります。これにより、次に進めるべき学習が絞り込まれるので、より効率的に学習できることがJPALSの特徴です。

また、薬局や病院などでも、たんす薬剤師を受け入れる体制が整っているところはたくさんあります。独自の研修などをこなすことで無理なく職場復帰できるようになっていますし、職場の雰囲気にも早くから慣れることができるといったメリットがあります。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.