たんす薬剤師のブランク年数

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師のブランク年数

たんす薬剤師のブランク年数

たんす薬剤師とは、女性の社会進出が今以上に進んでいなかった時代に、嫁入り道具の一つとして薬剤師の資格を取得した人のことをいいます。しかし、薬剤師は女性がたくさん活躍している職業なので、結婚や出産、子育てというイベントを経る間に仕事を離れてたんす薬剤師となった人も珍しくはありません。

女性が活躍している職業は、薬剤師の他にも看護師や医療事務などたくさんあります。このような、女性で成り立っている職場では、たいていは長い期間をかけて女性が働きやすいような仕組みになっているものです。結婚や出産などで離職する人も多ければ、それを埋めるための求人もたくさん出されるものなのです。その結果、ブランクがある人でも採用されやすい職場が多く、女性が一生関わっていける職業だといえます。しかも、専門職である薬剤師なら、ブランクがあっても高収入を期待できるのがメリットです。とはいえ、ブランクがあまり長ければ採用の可能性は低くなってしまいます。経営者側の考え方にもよりますが、一般的には5年を超えるブランクがあると、あまり収入の良い求人は期待できないと認識しておく必要があるでしょう。

5年という月日が経てば、世の中はかなり変わっているといえます。増して、医療業界ともなればその間には数々の新薬が開発され、薬価も幾度となく改正されていることが予想されます。これらを考えると、薬剤師が復帰してスムーズに仕事をこなしていくためには、5年という期間が一つの目安となるのではないでしょうか。また、自分自身もブランク期間が長ければ長いほど、社会復帰することに不安を覚えるはずです。しかし、ブランク以前に勤務していた年数にもよるので、5年はあくまでも一つの目安に過ぎません。例えば、5年のブランク以前に20年働いていた人と2〜3年しか働いていなかったという人とでは、ブランクの影響が大きくなるのは後者と考えるのはごく自然なことといえます。

とはいえ、5年以上のブランクを抱えていても諦める必要はありません。そのような場合は、調剤薬局やドラッグストアを中心に求人を探してみると良いでしょう。人手不足がなかなか解消されない職場ともなると、「ブランクがある人大歓迎!」としている求人も少なくありません。未経験者でブランクが10年ほどあった場合でも採用してもらえる可能性が出てきますし、このような職場では復帰後も様々なサポートを用意してくれているところがほとんどです。background-color:#ffff99">

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.