たんす薬剤師が契約社員として復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師が契約社員として復帰

たんす薬剤師が契約社員として復帰

現在はたんす薬剤師だけれど、実際に仕事を始めたら自分の生活および家族の生活がどのようになるのかトライアル的に働いてみたい、という人にオススメなのが、契約社員という働き方です。契約社員というのは、企業との直接雇用となりますが、一般的には短期間の契約で仕事をすることが多く、産休や育休などで薬剤師が一時的に不足している所を埋めたい、という企業の事情によって雇用されることが多くなっています。契約社員の場合、基本的な勤務時間や勤務日などは正社員と変わりませんが、仕事を始める時にあらかじめ勤務期間が決まっていることが多いので、その期間を過ぎれば仕事を卒業することができます。これから真剣に社会復帰するかどうかを迷っている人にとっては、お試し的に働くことができて、短期間でも後味悪く辞める必要がない契約社員という働き方は、まさにおすすめの働き方と言えますね。

たんす薬剤師が契約社員として働くメリットは他にもたくさんあります。契約社員の場合、正社員のように残業をする必要がないため、最初に契約した勤務時間のみで退社することができます。また、職場によっては契約社員の期間が終わった後に正社員として働けるオプションがある場合があり、最終的には正社員として働きたいと考えているたんす薬剤師にとっては、そうした選択肢があることは大きなメリットと言えるでしょう。

契約社員として仕事復帰する場合には、デメリットも考慮したほうが良いでしょう。正社員の場合には、職場で提供されている福利厚生の恩恵を被ることができますから、健康保険や厚生年金などにも加入することができますし、勤続年数によって有給がついたりボーナス支給の対象にもなります。しかし、契約社員の場合には、こうした福利厚生の対象にはならないため、健康保険は国民保険に自己負担で加入することになりますし、年金は国民年金に加入することになります。正社員として働いた時の自己負担額と比べると、契約社員の場合の自己負担額の方が大きくなってしまうため、その辺も考えて働くようにしたいものです。

また、パートナーの扶養の範囲内で働きたいという人は、契約社員として契約する前に年間の収入がどのぐらいになるのかを計算することをおすすめします。契約社員の場合、あらかじめ勤務期間が決まっている場合が多いため、年間の収入を予測しやすいものです。面接の際には、そうした点をはっきりさせてから働き始めたほうが、スムーズに気持ちよく働けます。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.