たんす薬剤師が派遣として復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師が派遣として復帰

たんす薬剤師が派遣として復帰

たんす薬剤師が復帰する際には、その雇用形態として派遣という働き方を選ぶことができます。派遣として働いている薬剤師はとても多く、正社員やパートとして働く場合と比べると、勤務時間や勤務期間があらかじめ決まっているので、プライベートを充実させやすいというメリットがあげられます。特に、家庭や育児と両立できるかどうか不安を抱えているたんす薬剤師にとっては、あらかじめ勤務時間がシッカリと決められている派遣という働き方なら、万が一残業をする心配もありませんから安心ですし、勤務期間もあらかじめ決められているお仕事を選べば、本格的に社会復帰する前にまずはお試し的に働いてみることもできます。

たんす薬剤師は、薬剤師としての資格は持っていても、実際に働いた経験は少ないものです。そのため、職場ごとによって薬剤師の職務内容がどのように異なっているのか、働きやすさや業務内容、薬剤師に与えられる職務などが異なる点を、頭では理解していても実際に経験していないために実感することは難しいものです。派遣という働き方なら、最初から期間限定で働くことができますから、いろいろな職場を経験しながら、自分にはどんな業種があっているのかを模索することができます。

派遣として働く場合でも、職場によってはしばらく派遣として働いた後に正社員として登用してもらえる可能性がある職場もあります。もしもこれから復職することを考えているたんす薬剤師が、最初は派遣としてトライアル的に働いてみた後に本格的な社会復帰を考えている場合には、こうしたシステムになっている職場へ派遣として働きに行くという方法も良いでしょう。また、派遣として働く場合には、パートやアルバイトのように雇用主から直接雇用される場合よりも時給面が高くなっていることが多いものです。

たんす薬剤師が派遣として働くデメリットもあります。派遣の場合、パートのように一日数時間の勤務だったり、週に数日だけの勤務日だったりすることもありますが、薬剤師の場合には調剤薬局や企業、ドラッグストアへの派遣が多いため、基本的には勤務時間や勤務日に関してはフルタイムと同じ働き方となります。同じ時間働いて、正社員のような有給をもらえなかったり、ボーナスは対象外となったりというデメリットはありますが、派遣の場合には雇用主は勤務先ではなく派遣会社となりますから、周囲が残業をしていても派遣社員は残業する必要はありません。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.