たんす薬剤師がドラッグストアに復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師がドラッグストアに復帰

たんす薬剤師がドラッグストアに復帰

薬剤師の職場には調剤薬局や院内薬局の他にドラッグストアがあります。薬剤師が働くほかの職場と比べて、ドラッグストアでのお仕事は、業務内容が大きく異なっているので、求人募集に対して応募する際にはその点をシッカリ理解しておかなければいけません。まず、ドラッグストアには、中に調剤薬局が併設されている所とそうでない所があります。調剤薬局が併設されている場合には、薬剤師のお仕事は調剤業務が中心となるので、調剤薬局で働く場合とそれほど大きな差はありません。しかし、調剤薬局が入っていないドラッグストアでは、薬剤師のお仕事は調剤を行うことではなく、棚に陳列している医薬品の在庫管理や商品説明、および店舗管理や店舗運営等、薬学の知識から離れた仕事内容が多くなります。

薬学の知識がそれほど多くないたんす薬剤師にとっては、ドラッグストアに復職することはメリットもあればデメリットもあります。メリットは、ドラッグストアでは薬学に関して専門的な知識レベルが高くなくても勤まりやすいという点と、薬学とは全く異なる職務が多いという点です。また、ドラッグストアで働く薬剤師は、その店舗の店長や責任者を兼任する場合が多いため、たんす薬剤師からの復職でも、かなりの高給が期待できたりします。

また、ドラッグストアでは店舗管理や店舗営業などについての経験ができたり、スキルを学ぶことができます。薬剤師ということで責任のある仕事を任されることも多くなります。薬学という専門分野にこだわらずに、いろいろな仕事を経験してみたいという人にとっては、ドラッグストアでのお仕事は満足できるお仕事になるかもしれません。業務内容に接客も含まれているので、人と接することが好きな人にとっては、毎日楽しく働ける職場環境となりそうです。

一方、デメリットも最初にしっかり理解しておきましょう。まず、ドラッグストアは基本的には土日も営業していますし、夜間も遅くまで営業しています。店舗によっては薬剤師の勤務は平日の昼間のみに限定している所もありますが、多くの場合にはシフト勤務となり、土日も出勤する可能性が高くなるという点は知っておきたいものです。パートナーや子供とのすれ違いが発生してしまう可能性がありますし、これまで家庭に専念してきたたんす薬剤師にとっては、いきなり土日も出勤というのは、精神的にハードになってしまうことも考えなければいけません。また、ドラッグストアでは取り扱う医薬品の種類が少なくなってしまうこともデメリットの一つと言えるかもしれません。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.