たんす薬剤師が病院に復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師が病院に復帰

たんす薬剤師が病院に復帰

病院で働く薬剤師はたくさんあります。薬剤師が働く病院にはいろいろな種類があり、大きく分類すると、急性期病院、慢性期病院、そしてケアミックスに分けることができます。このうち、急性期病院というのは大学病院や総合病院に多く見られるタイプで、患者さんの出入りが激しく、そこで働く医療スタッフにとっては多忙な職場環境になることが多くなります。ただし、忙しい中でたくさんの処方箋を取り扱いますから、薬剤師としての経験値や実力、専門知識をアップすることができます。これまで家庭に専念してきたたんす薬剤師にとっては、いきなり多忙を極める職場へ復職すると、慣れるまでは精神的にキツイかもしれませんが、短期間で大きなスキルアップができる点は、急性期病院で働く薬剤師のメリットと言えます。

一方、慢性期病院というのは、ある程度症状が落ち着いた患者さんが長期間入院生活を送ることが多い病院で、そこで働く薬剤師は、医薬品の調剤業務を通して患者さんとより深くかかわることができますし、忙しさもそれほど多忙というわけではないため、マイペースで働くことができます。マイペースと言っても、決して時間を持て余してしまうわけではなく、毎日ほぼ同じ薬を医師が処方しますから、それに合わせて調剤業務をこなすことになります。また、ケアミックスというのは急性期病院と慢性期病院の機能をどちらも兼ね備えている病院で、薬剤師の働き方も、忙しすぎずマイペースになりすぎず、といった環境で働くことができます。

たんす薬剤師にとっては、復職先として病院を選ぶ際には、その病院がどのようなタイプの病院なのかをあらかじめリサーチすることは必要不可欠です。また、急性期病院の中にはかなり多忙を極めるところが多く、深夜まで残業しなければ仕事が終わらないということもあったりします。そのため、求人募集を比較しながら仕事を絞り込む際には、一日に取り扱う処方箋の数を参考にすると良いでしょう。

また、病院への転職は、薬剤師にとってはキャリアアップの道が開ける職場となります。病院で働く薬剤師は、全員が調剤業務を行なっているわけではなく、経験や実力、スキルがアップすれば医薬品の管理などを任せてもらえたり、もっとステップアップできると病棟で薬剤のスペシャリストとしてチーム医療に携わることができます。病院内でのこうしたステップアップのお仕事は、外から求人募集するよりも病院内で募集することが多いため、病院勤務をしている薬剤師にとっては大きなチャンスとなります。たんす薬剤師にとっては、将来こうしたキャリアアップの可能性を秘めている職場への転職は、長期的に大きなメリットと言えます。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.