たんす薬剤師の志望動機は?

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師の志望動機は?

たんす薬剤師の志望動機は?

たんす薬剤師が復職を考える際には、さまざまな志望動機があるでしょう。「子供が手を離れたのでそろそろ復職したい」という人もいれば、経済的な理由で働くことを決意し、それまではたんす薬剤師だったので資格を生かして働いていなかったけれど、どうせ働くなら高待遇で働ける薬剤師に復帰したいという人もいます。これまで長い期間、薬剤師の資格を生かして働いてこなかったたんす薬剤師にとっては、復職を関上げる志望動機はたくさんありますが、求人募集に応募する際にはそうした個人的な事情をアピールするよりも、職場にとって自分が持っている経験やスキルがどれだけプラスになるかという点をアピールしたほうが良いかもしれません。

たんす薬剤師が就職先を探す際には、志望動機でアピールしやすくするためにも、これまで自分が経験してきた職場と同じ業種を選ぶという方法があります。例えば、これまで数年間でも調剤薬局で働いた経験がある人なら、そうした経験が全く生かせない職場よりは、これまでの経験とスキルを活かして働きやすいでしょう。また、ドラッグストアに勤務していた経験を持つ人なら、ドラッグストアの店舗管理や店舗運営、接客などについても専門的な知識を持っているわけですから、復職先もドラッグストアを探したほうが、採用されやすくなります。

志望動機は、求人情報に対して応募する履歴書に文字として記入するほか、実際の面接時には口頭で志望動機を説明することになります。履歴書に記入する場合には、文字スペースが少ないので、できるだけ簡潔に記入することが大切となりますが、面接の時に口頭で説明する際には、履歴書に書ききれなかった部分を補足するつもりで自己アピールすると良いでしょう。その際には、自分の性格および薬剤師としての経験やスキルを、新しい職場でどんな風に生かしていきたいか、ポジティブな言葉や表現方法でアピールするのが望ましいですね。

しばらく仕事をしていなかったたんす薬剤師にとっては、就職先を見つける際には、自分が希望する条件や待遇で働けるお仕事に限定してしまうと、なかなか見つかりづらいかもしれません。これは、ブランク期間があることは、ずっと薬剤師として働き続けてきた人と比べるとどうしても不利になってしまうためです。条件が良いお仕事だとステップアップやキャリアアップを目的とする現役薬剤師がたくさん応募してくるので、狭き門となってしまう可能性が高くなります。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.