たんす薬剤師がパートとして復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師がパートとして復帰

たんす薬剤師がパートとして復帰

薬剤師の資格を生かして働いていなかった期間が長いたんす薬剤師にとっては、正社員として復職しようと考えるよりも、まずはパートから、と考える方が復職先を見つけやすくなります。その理由ですが、正社員として働ける薬剤師を求人募集している企業の場合には、即戦力となる人材を探していることが多いため、たんす薬剤師のように薬剤師の資格は持っているけれど経験やスキルの面で不利になってしまう人材だと、面接まで行ってもなかなか採用されにくいようです。また、正社員は勤務時間はフルタイムとなりますから、これまで家庭で子育てに専念してきた人にとっては、いきなりフルタイムで働くのは精神的にも心配な要素が多いですよね。そのため、まずはパートとして働き始めたうえで、家庭や育児と両立できるのかどうか、自分が働くことによってどのようなトラブルが起こる可能性があるのか、という点をチェックすることが大切です。

たんす薬剤師がパートとして働くメリットはたくさんあります。まず、パートの場合には勤務時間や勤務日数が正社員と比べて少ないですから、家庭や育児と両立しやすい状況を維持しながら仕事を始めることができます。いきなり正社員として働くよりも、段階を経て社会復帰したいという人にとっては、パートという働き方は大きなメリットになりますね。また、薬剤師のお仕事は、一般事務などのお仕事と比べると時給が高く設定されています。そのため、短時間の勤務時間でもまとまった収入を稼ぐことができます。その点も、パートとして働くメリットと言えますね。

現在たんす薬剤師の方がパートとして復帰する際には、いくつか気を付けたい点があります。まず、パートという雇用形態でも薬剤師のお仕事は時給面で優遇されている場合が多いため、扶養範囲を超えてしまう可能性があるという点です。もしも扶養範囲内で働きたい場合には、年間一定ラインの年収を超えない範囲で働ける職場を探さなければいけませんし、場合によってはパートではなく短期間の派遣という働き方も検討してみると良いでしょう。

また、パートで働く際には、職場で提供されている福利厚生は対象外となってしまいます。お給料の計算は、契約した時給に勤務時間をかけたものとなり、資格手当やボーナスなど各種手当は対象外になります。また、有給などもパートは対象外となりますから、どれだけ長く勤務していてもお休みをすれば有給という扱いにはなりません。あらかじめそうした点は理解しておきたいものです。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.