たんす薬剤師が調剤薬局に復帰

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師が調剤薬局に復帰

たんす薬剤師が調剤薬局に復帰

調剤薬局で働く薬剤師はとても多く、全国各地にたくさんの調剤薬局がありますから、求人募集も多く見かけることができます。その点では、薬剤師の資格は持っているけれど、経験やスキル、専門知識という点では現役の薬剤師と比べて不利になってしまうたんす薬剤師にとって、調剤薬局は復職先の候補として考えてみたい職場と言えるでしょう。調剤薬局は、そばにどんな医療機関があるのかによって、取り扱う処方箋の種類や数が大きく異なります。総合病院のそばにある調剤薬局なら、たくさんの診療科目の処方箋を取り扱いますが、専門病院のそばにある薬局では、取り扱う処方箋の種類も特定の診療科のものに限られたり、その診療科目においてより専門的な知識が必要となる処方箋を取り扱う機会が多くなります。そのため、ブランク期間を持たない薬剤師でも、転職する際には「より専門的な処方箋を調剤したい」と専門病院のそばにある調剤薬局へ転職をすることは多くなっています。その薬局ごとに取り扱う処方箋が異なれば、そこで働く薬剤師にとっては心機一転のスタートとなるわけなので、たんす薬剤師にとっても新しいことを勉強する場所としてはおすすめの職場と言えます。

調剤薬局で働く薬剤師の年収は、2016年の全国平均では400万円〜500万円となっています。管理薬剤師になればキャリア系のお仕事なので年収は100万円程度アップしますが、たんす薬剤師の場合にはまずは一般薬剤師のお仕事からスタートしたほうが良いでしょう。薬局ごとに薬剤師のお給料は異なるものの、一般的には大手チェーンは給料が低くなる傾向があるようです。ただし、たんす薬剤師の場合には自分自身の経験やスキル、専門知識という面で不安がありますから、条件や待遇だけで仕事を選んでしまうのはNGです。自分が働き始めた後のことをしっかりと具体的にシミュレーションしながら、満足して働ける職場を探したいものです。

調剤薬局の中でも、その忙しさは大きく異なります。それほど忙しくなく、たんす薬剤師にとっては勉強しながら一人一人の患者さんとじっくり向き合える職場もあれば、深夜まで残業しなければすべての調剤業務を終えることができない多忙を極める職場もあります。たんす薬剤師の場合、先ずはそれほど忙しくない職場で働き始めたほうが、仕事を一つ一つじっくりと覚えることができますし、多忙を極める職場だと、短期間のうちに多くの専門的な知識やスキルを身につけることができますから、薬剤師としての実力をアップするチャンスとなります。どの職場も一長一短なので、複数の求人募集を比較しながら自分が気に入った求人を絞り込んでいくと良いでしょう。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.