たんす薬剤師になる理由

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師になる理由

たんす薬剤師になる理由

たんす薬剤師とは、免許があっても運転できないペーパードライバーのようなもので、薬剤師の免許を持っているのに働いていない人のことをいいます。また、主に50歳近くまでほとんど実務経験がない人のことをいい、ペーパー薬剤師と呼ばれることもあります。ひと昔前、女性は社会に出て働く時期が非常に短いという傾向がありました。結婚はそのまま退職することを意味しているようなもので、結婚後はすぐに出産、子育てと続き、家庭で目まぐるしい人生を過ごしている内に、ついにはせっかく取った薬剤師の資格をまったく生かさずに来てしまったという人が珍しくはありませんでした。

薬剤師は一度取得してしまえば一生ものという国家資格として大変重宝がられており、子育てが一段落してから好待遇で社会復帰できる嫁入り道具のような意味もあったのです。実際、主婦が働くパートとしては破格の高時給で迎えられるところがほとんどなので、現在でも女性には大変人気のある資格です。また、例え女性が子育てしながら働きたいという気持ちがあったとしても、仕事は夫がして妻は家のことをするのが当たり前という風潮でしたし、働こうとしても夫の仕事が忙しくて一人で育児をしなければならなかったという事情もあったようです。日本では、30年以上も前から薬剤師が飽和状態になるといわれていましたが、実はその背景にはこのようなたんす薬剤師が非常にたくさんいることが理由だといわれています。

最近では、都市部や県庁所在地などでは薬剤師は飽和状態にありますが、地方や過疎地などにいけばこれまで同様に薬剤師は不足する状況が続くともいわれています。

しかし、ブランクが長ければ長いほど、復帰しにくくなるのはどの職種であっても同じです。増して、薬剤師は日進月歩といわれる医療業界に携わる職業だけあり、復帰したくてもなかなかできないでいるという人は多いのではないでしょうか。実務経験がない年数にもよりますが、あまり長くなって年齢も50代などという場合、病院薬剤師や製薬会社勤務はかなり難しいのが現状です。この場合は、調剤薬局やドラッグストアなどの方が、独自に復帰者のための研修制度を設けているところが多いので、採用してもらえる可能性も高くなるでしょう。ただし、いずれも余裕のある大手に限られてきます。また、前述のように都市部では既に飽和状態にあることから、地方での勤務も視野に入れてみると好結果につながるはずです。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.