たんす薬剤師の自己PRのポイント

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師の自己PRのポイント

たんす薬剤師の自己PRのポイント

転職を成功させるには、まずは書類選考を勝ち抜かなければ面接にすら辿りつくことができません。書類は職務経歴書などさまざまな重要ポイントがありますが、その中でもっとも重要となるのは、自己PRだといって良いのではないでしょうか。特にたんす薬剤師が復帰を目指すとなると、それまでの経験をアピールすることができないので、自己PRに何を記入すればよいのかわからないという人も多いことでしょう。

たんす薬剤師だけに限ったことではありませんが、一般的に半年以上前職との間にブランクがある人に対して、書類選考をする採用担当者が知りたいのはブランク中に何をしていたのかということです。ここで、「ブランク中は転職活動をしていました」としてしまうと、採用に至らない可能性が高くなるので注意が必要です。ブランクが短いのであればそれも良いのですが、半年以上ともなればマイナスの印象が大きくなってしまいます。

この場合は、転職活動に加えて何らかのスキルアップに励んでいたことをアピールするのが効果的です。例えば、その業界で働く上で、しっかりと活かしていける知識を学んでいたというのは非常に高いアピールポイントとなるでしょう。専門学校に通っていたのであれば具体的なカリキュラムを書き加えるのも良いですし、取得できた資格を明記することは採用担当者に強い印象を与えることができるはずです。ただし、業界に関係のない知識であった場合には、こじつけのように受け取られて逆効果になるケースもあるので気を付けなければなりません。

たんす薬剤師であれば、ブランク中に研修認定薬剤師制度やJPALS(日本薬剤師会 生涯学習支援システム)を受けておくのは復帰に向けて好スタートを切れる要因となるはずです。目まぐるしく発展していく医療業界で働くには、他の業界以上に現状を認識しておくことが必要とされるので、自己PRとしては非常に有効で、採用担当者も安心して書類選考を通過させるに違いありません。これらの学習システムは、時代に合った薬剤師の知識を身につけていることの証明となるものなので、ブランク期間という転職に不利になりがちな部分を埋めるにはとても効果があるというわけです。ただし、いずれも簡単に修められる学習内容ではありませんので、しっかりと時間を作って立ち向かう強い意思が必要です。しかし、ブランク中も学習してきたということは、復帰に向けて大きな自信となることも間違いありません。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.