たんす薬剤師のスキルアップ

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師のスキルアップ

たんす薬剤師のスキルアップ

たんす薬剤師だけれど、いずれは薬剤師として復帰したいと考えているなら、ブランク中にもある程度勉強しておくことが必要です。復帰する際もっとも心配になるのは、現場に出てもすぐに役立つ知識を持ち合わせていないということではないでしょうか。

ブランク期間がそれほど長くなければ良いのですが、そうでない場合には残念ながらかなり勉強しなければ追いつかなくなってしまいます。もしも、何から手をつけていいか見当すらつかない、という人は、ブランク明けの人を対象とした研修制度に参加してみると良いでしょう。やみくもに独学でテキストを勉強するより、はるかに効率よく時代に即した知識を学ぶことができ、薬剤師としてのスキルアップが可能です。

医薬品もどんどん新しいものが出てきますし、診療報酬改定は2年ごとに行われているので、医療業界の現状に追いつくには、独力では限界があるといえます。しかし、大都市などでは薬剤師は飽和状態になるといわれていますが、郊外や地方に行けば相変わらず薬剤師は不足していますし、第1類や要指導医薬品といった薬の売上アップを計るには薬剤師の存在は不可欠なので、研修制度を設けて薬剤師を確保したいと思う企業はたくさんあります。こういった研修制度などは、ブランクが長い人にでも無理のないカリキュラムが組まれているので、安心して復帰に向けてのスタートが切れることでしょう。

とはいえ、もしも復帰はまず少し先と考えているなら、本や情報誌を自分で購入して勉強するのはやはり良い方法に違いありません。薬剤師向けの情報誌には、今必要とされている情報がいっぱい詰まっていますし、薬剤師を取り巻く現状を知るにはもっとも良い方法と言えるでしょう。子育てでまとまった時間が思うように取れない人でも、まずは1冊購入して少しずつ読んでみると良いでしょう。また、日経DIなどは、インターネットで手軽に充実した内容が入手できるので、少し時間ができた人におすすめです。より内容の濃い勉強をしてスキルアップするには最適といえます。他にも、研修認定薬剤師制度を利用するという方法も考えられます。研修認定薬剤師とは、一定の研修を受けた後に申請して得られる資格で、時代に即した知識を持っていると見なしてもらえます。研修の量もそれなりにあることから簡単に取れる資格とはいえませんが、たんす薬剤師が自信を持って復帰できる非常に良い資格といえるでしょう。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.