たんす薬剤師の悩み

たんす薬剤師TOP >> たんす薬剤師の復帰のポイント >> たんす薬剤師の悩み

たんす薬剤師の悩み

たんす薬剤師に共通する悩みの中でも最も多くの人が抱えているものと言えば「薬剤師としての経験が少ない」ということではないでしょうか。薬剤師の資格は、一度取得すれば一生有効なので、資格を生かして働いていない期間がどんなに長くても、資格が失効してしまう心配はありません。しかし、薬学に関する専門的な知識は、資格を生かして働いていなければどうしても遠ざかってしまいますし、医学界の流れや変化についていけず、復職出来たとしても即戦力にはなりにくいものです。「資格は持っているけれど、経験は少ないしスキルにも自信がない。これでも働けるのかしら?」という点は、ほとんどのたんす薬剤師に共通する悩みと言えます。

また、現在はたんす薬剤師でも、資格を生かして復帰を考えている人の中には、家庭や育児と仕事を両立できるかどうか自信がない、という点も悩みと言えるでしょう。薬剤師のお仕事は、同じ医療系資格でも医師や看護師のように夜勤を含めて不規則なシフト勤務になっていることは少ないものです。調剤薬局やドラッグストアのように営業時間が長い職場ではシフト勤務になるものの、夜勤がないという点では働きやすい勤務時間が確保できるお仕事と言えます。しかし、家庭や育児と仕事を両立したい人にとっては、シフト勤務になることで、これまでよりも帰宅時間が遅くなって家族とすれ違いが出てしまったり、育児と両立できないのではないかと不安を抱える人は少なくありません。

薬剤師のお仕事は、全国的に売り手市場となっているため、経験があまりないたんす薬剤師でも、復職する気があれば求人募集を見つけることはそれほど難しい事ではありません。しかし、自分が希望するようなお仕事や待遇で働ける求人を見つけて応募し、採用まで結びつくかと言えば、ケースバイケースでハードルは高くなってしまいます。「働きたいけれど、採用されるのはどれも条件がイマイチなものばかり」ということも、多くのたんす薬剤師に共通する悩みとなっています。

現在ブランク期間中のたんす薬剤師の場合、ブランク期間がなくバリバリ働いている薬剤師と比較して就職の際に不利になってしまうことは仕方がない事です。しかし、条件が悪くても、雇用形態がパートや人材派遣などでも、復帰して経験を積み、専門的な知識を積めば、そこからさらに転職することは可能です。薬剤師としての復職を考えた時には、長期的なキャリア計画を持つことが大切です。

たんす薬剤師の求人も豊富!転職サイトランキング!

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細



Copyright (C)2016-2017 たんす薬剤師転職ランキング All Rights Reserved.